ゆるい仮想通貨投資家

本ブログは仮想通貨関連の情報を中心に、トレード、技術、時事ネタ等を扱います。 1年前に、ビットコインのトレードを始め、今はシットコインやトークンと呼ばれるような一般的に知られていないものをトレードして楽しんでいます。

なぜ Ethereum は成功するのか?

北海道地震から一週間経ちました。今年は大きな地震が何度か起きていて日本は地震の多い国だと実感しました。

仮想通貨相場でも地震が起きてます。

f:id:seidoutakizawa3:20180913200312p:plain

これは Ethereum のチャートですが、去年の安値を下回ったようです。そんなわけかどうかわかりませんが、ここ数日 Ethereum に対する風当たりが酷いです。

  • Ethereumは空売り専用
  • ICO が癌
  • PoS が駄目www
  • 価値保存に適さない(キリッ)
  • 100ドル以下になる
  • Ethereum は燃料だから無価値な方がユーザにとっては良い
  • Ethereum のガス代は他の通貨で払えたほうがいいからイーサは無価値

散々な言われようです。BCH や XRP など他の銘柄も散々なわけですが、Ethereum は兎に角よくわかりませんが叩かれまくってます。色々と反論したいところですが、今回は反論したいわけでは無くなぜ私が Ethereum を応援する(買ってる)のかお話したいと思います。

Ethereum は Linux と同じ!

私が Ethereum を推す最大の理由は Linux と同じだからです。私はもともと OSSオープンソース・ソフトウェア)という文化が好きで、過去にOSS 絡みの仕事を飯の種にしてました。

Linux は、本来 kernel と呼ばれる狭義の意味の基本ソフトウェアを指す固有の名称で、フィンランドヘルシンキ大学の学生であったリーナス・トーバルズが中心になって開発されたものです。Linux の歴史を紐解くと LinuxUnix に大きく影響を受けており、一般的に UNIX と同一の存在とみなされることがあります。実際には、フルスクラッチで書かれた Unix 互換の OSS な OS で完全無料で自由です。

wikipedia の一節です

当初のLinuxの実装は極めて単純なものであり、他の既存の自由でないUnixシステムのどれに対しても、その機能や実績において優位なものではなかった。また当時、自由なソフトウェアによるUnix互換OSを開発しようとしていたGNUプロジェクトは自身のカーネル (GNU Hurd) を完成していなかった(2015年現在もなお開発途上である)[21]。ライバルのBSDは1992年からUSLとの訴訟を抱えており、権利上の問題をクリアしたバージョンがリリースされたのはFreeBSDでは1994年11月だった。つまり、1990年代前半において、自由なUnix互換カーネルと呼べるようなもののうち、実用的で権利上の問題がないと考えられる存在はLinuxのほかになかった。PCで動作するフリーで本格的でUnix系の環境を求める潜在的なユーザたちの多くは、当時は主に書籍として流通していた教育用OSのMINIXに流れていたが、リーナス・トーバルズLinuxMINIXメーリングリスト上で公開し、GPLの下で利用可能にすることにした。これはインテルの32ビットCPUを搭載したパーソナルコンピュータでしか動作しなかったが、当時はちょうど32ビットPC/ATパーソナルコンピュータの普及期であり、GPLによって誰もが改良可能だったことから、より多くの機能を求める開発者たちによる改良を促した。開発者たちはLinuxカーネルを育てていくとともに、GNUコンポーネントLinuxを統合する作業を行い、最終的に実用的かつフリーなオペレーティングシステムを作り上げた[15]。

Linux は当初おもちゃの OS でした。ところが、フリーソフトウェア運動や OSS 文化の隆盛もあり、現在 Android のような組み込み用途、サーバー用途だけでなく、デスクトップ OS として普及しようとしています。

ゲームだって遊べるんだぜ!凄い!

Linux には重要人物がいます。それはリーナス・トーバルズです。

f:id:seidoutakizawa3:20180913202345p:plain

この画像はリーナスがちょうど日本に来日したときに秋葉原ヨドバシカメラWindows 7 の展示場で撮影したものです。なかなかのナイスガイです。優しい終身の独裁者とも言われ、Linux に多大な影響を今も与えています。Git の生みの親でもあります。

私はリーナスと Linux の影を Ethereum と ヴィタリック・ブテリンに見ています。

共通点があまりにも多いからです。

Ethereum は Bitcoin に影響をうけた OSS です。Bitcoin に影響を受け、ブロックチェーンで通貨以外の物事を処理できるようにしたものが Ethereum です。Ethereum は EVM と呼ばれる仮想マシンを持っていますが、まるで OS のようです。Ethereum の主要開発者はヴィタリックです。ヴィタリックは Ethereum の大統領のようにみなされています。

どうですか?Ethereum と Linux、ヴィタリックとリーナスあまりにも似ていると思いませんか?

Ethereum Linux
ライセンス GPL(GPL3、LGPLなどノード毎に差異あり) GPL
影響をうけたもの Bitcoin Unix
優しい終身の独裁者 ヴィタリック・ブテリン リーナス・トーバルズ
開発主体 非営利団体(Ethereum Foundation) 非営利団体(Linux Foundation)
開発の経緯 自由な(Web)アプリプラットフォーム 自由な Unix

最後に

Ethereum は今の所スーマートフォン程度の能力しか無いと言われています。過去に Linux はおもちゃのようなものと言われていましたが、現在はどうでしょうか?親の Unix を超えるスーパー OS へと成長しました! Ethereum も数年先には データセンターで運用される IBMブレードサーバーくらいにはなっているかもしれません。

落ちぶれたCOMSA

私の住んでいる地域では比較的過ごしやすい一日になりました。毎日こうだとありがたいです。

先日、「テックビューロ「国内でのICOは困難」、COMSA事業の進捗状況を報告」という話題が各所から報じられました。

テックビューロによれば、「現在ICOにより発行されるトークンの法的位置づけや自主規制の内容については業界全体で議論がされている最中」であり、適切な事業展開をするにはこういった議論を必要があるとみている。国内でのCOMSAサービスのPRやマーケティングも当面見送るとし、設立していたICO協議会の活動も休止・一時解散している。

今更???という印象です。当時からICOは日本で実施して良いか議論になっており、日本でICOをやったのは居酒屋くらいなものだったと記憶しています。COMSAもトークンの販売主体が日本では無くスイスにあり、日本人向けでありながら、日本でICOをやっていないという体裁を取った形でした。

当時、COMSA以外にも KickICO や Starbase、ICOBoxなど、複数の ICO プラットフォームが ICO を行っていた時期で、一種のブームが起こっていました。私は仮想通貨で資金調達をする ICO には将来性がありこれからもいろいろな個人や組織が資金調達の手段として利用するはずだから ICO プラットフォームは流行るはずだと予想し色々と調べました。

COMSA についても調べました。評価はパンプで一時的に急騰するので、それを狙って買うのは有りというものです。COMSA は一時的には400円をつけたわけですが、多くの人が逃げ遅れたのでは無いかと思います。COMSAは調べれば調べるほど先の無い詐欺のようなプラットフォームでした。一番偉い人の情報をネットで調べれば黒い噂、役職付のメンバーを調べてみようとすると特に情報が無いか、Twitter では非公開アカウントか削除済みという何を評価すればいいかよくわからないものでした。テレグラムでは批判的な書き込みを削除したり、アカウントをBANする始末。どう考えてもまともでは無い雰囲気が漂っていました。

なぜ、100億円調達出来たか?人はどこに魅力を感じてトークンを買ったのだろうか?

私は雰囲気だったと断言します。私は"まともでは無い雰囲気"を感じだわけですけれど、他人はそう思わなかったのでしょう。当時のツイッターは異常でした。詐欺叩きを趣味にするようなインフルエンサーがCOMSAのアフィリエイトリンクをツイートし無意味に賞賛していました。

彼らは今どんな気持ちなんでしょうか?

f:id:seidoutakizawa3:20180807201347p:plain

特に悪質なのはこの二人です。

f:id:seidoutakizawa3:20180807201712p:plain f:id:seidoutakizawa3:20180807201739p:plain

テックビューロの関係者なのかよくわかりませんが、テレグラムの管理人で、普段ADAは詐欺だ、○○は詐欺だと断定しながらCOMSAについては賞賛ばかり。タヌキについては名前を何度も変えるというキ○ガイ感が溢れます。

f:id:seidoutakizawa3:20180807201954p:plain

一方で、ICO プラットフォーム全体の雰囲気は悪くないと思います。ドイツ2位の証券取引所が独自のICOプラットフォームを開発かメタップス子会社、ICOプラットフォーム「Metalist」発表--仮想通貨交換業登録申請へなど、国外国内を見てもまだまだチャンスがありそうです。今後、国のルールに準拠したプラットフォームが登場することでしょう。

CMS トークンはこれからも下落し続けることと思います。早いうちに損切りすることをオススメします。

非中央集権型Coincheck

今日名古屋で、気温40.3度を記録し76年ぶりに観測史上最高を更新したそうです。気象庁は7月の気象を異常と言っており、このまま日本はどうなるのか?ととても心配です。

www.asahi.com

仮想通貨もある意味異常というか悲惨な状況です。

f:id:seidoutakizawa3:20180803185844p:plain

主要通貨は軒並み下落、このまま下落し続けると底抜けという雰囲気があります。

そんな中、去年からホールドし続けていた kickico がここ数日連騰を続け日本円で18円をつけました。

f:id:seidoutakizawa3:20180803190351p:plain

ico から約2倍の上昇です。このトークンは、当時 ico が流行していた時期に ico を行っていた ico プラットフォームです。競合が多い中では、結構頑張っていた ico プラットフォームで、近いうちにビッグニュースが出そうな噂があり連日高騰していたようです。

kickico は 数日前にハックされ一部のトークンが盗まれるという事件を起こしています。どうやら kickico のプラットフォーム上の一部のウォレットの秘密鍵が流出しトークンが盗まれたようです。私は幸いにも自分で秘密鍵を管理できるウォレットで保管していたので影響を受けていないようです。

事件が発覚してからも価格は上昇し続けましたが、昨日、相場が全体的に落ち込む状況で20%を超える上昇をみせ、これは流石におかしいと思い、売ることにしました。

日本で仮想通貨規制が進展していますが、その影響で海外の取引所では、日本人の利用を拒否しているところが増えています。kickico はいくつかの取引所で売買できますが、最大手の KuCoin では売買できません。そこで EXMO を利用しようとしたのですが、事件の影響で入出金停止。どうしようか悩みましたが、Bancor で売買できることを思い出し Bancor を初めて使うことにしました。

Bancor については Akinori Machino さんの書かれた記事が最もわかりやすく正確だと思います。

  1. Bancor Protocol はトークンエコノミーを支える大発明となるか?(前編) – Akinori Machino – Medium
  2. Bancor Protocol はトークンエコノミーを支える大発明となるか?(後編) – Akinori Machino – Medium

Bancor は取引所というか販売所があって、ここでいくつかのトークンを売買できます。Bancor 対応のトークンをスマートトークンというそうです。

https://www.bancor.network/ f:id:seidoutakizawa3:20180803192339p:plain

何も説明も見ず、多分 Metamask があれば売買できるだろうと思い直感で操作してみたところ、あっさり売買成立しました。

f:id:seidoutakizawa3:20180803192517p:plain

現在3種類のウォレットをサポートしており、Bancor wallelt が推奨されています。とても簡単に使えます。使ってみて思ったのは Bancor は「非中央集権型Coincheck」です。インターフェースがシンプルで迷うことが無いということ、約定すると自動的にウォレットにトークンが送金されるので非中央集権型取引所/販売所の中でもよりシンプルな使い方ができるのでは無いかと思います。

仮想通貨規制の影響で、海外の中央集権的取引所では自由に売買できなくなりつつあるわけですが、Bancor のような非中央集権型ではわりと自由にトレードできるようですので、もし、トークンを色々売買してみたいなら、スマートトークン対応をうたうものを選ぶのもいいかもしれません。

頭石コイナー

最近ツイッターのタイムライン上で、pow vs pos が話題になっていました。何度かこのテーマは話題になっているのですが、個人的に思うところがあり、ブログに書いてみることにしました。

はっきりいって、このテーマうんざりします。

主張する人たちの目的が話し合いにより理解を深めようとしていく議論ではなく、討論でもなく洗脳だと思うからです。

議論では批判や反論は当たり前だと思うのですが、彼らから返ってくる言葉は人格や信条の否定です。

「愚民、「馬鹿」、「アホ」、「よく考えろ」、「アスぺ」

こんな事言われたら、まともに話し合う気ないなぁと私は思います。

彼らとは、ビットコイナーの中でも悪質なタイプで、私は「頭石コイナー」と呼称することにしました。

ビットコイナーの中でも、考え方がまともな方もいるので、区別するために頭石コイナーと呼ぶことにしました。

特徴は

  • 議論ができない
  • 反論されると人格否定を行う
  • ビットコイン以外の可能性を許容できない
  • 口が悪い
  • ヤップ島の石の通貨を都合よく解釈する(コストが価値)

wikipedia にはヤップ島の石の通貨についてこのような説明があります。

「石貨」と呼ばれるが、普通の貨幣のように日常物品の購入に使われるのではなく、冠婚葬祭時に贈られる一種の儀礼的贈答品として使われる。小型の石貨は穴に棒を通して運ばれるが、大きい石貨はそのまま置かれ、所有権のみが移行する。

石貨については、21世紀の貨幣論 で詳しく説明されていますが、石貨はシンボルに過ぎず、貨幣は人と人の間の信頼によって成り立っていると説明されています。

だいぶ端折るので本を見てほしいのですが、要約すると私の理解では、貨幣はコストが価値ではなく、人間同士の信頼によって成り立つものであり、コストは一要因に過ぎません。

頭石コイナーの理屈は、俺たちは1000万円のコストをかけたからお前らも1000万円でビットコインを買えという強要です。

「何言ってんのコイツ」という感じです。

他にもっと安く便利なものがあったらどうしますか?

合理的に考えたら、そっちを買いますよね?

例えばiPhoneを単価 100万円 のコストをかけて製造したとして、あなたは買いますか?という事です。

製造元は、コストを回収したいから、絶対に(単価)100万円以上で売りたいですよね?

でも、大勢の人は買いませんよね?私なら10万円のスマートフォンを買います。

つまり、コストがどうかではなく、他と比較して物は買われるということ、そして、他人が価値を認めなければ意味がないということがわかると思います。

頭石コイナーとは議論しないでください。彼の目的は洗脳です。

ようは某掲示板のトロールと同じです。無視することを推奨します。

テザー(USDT)の代わりになるか?安定通貨 Dai

12月に記事を書いてから大分間が空いてしまいました。もっと色々記事を書いてみたいと思い、仕事の合間にネタを考えているのですが中々記事に出来ていません。とあるソーシャルゲームにハマってしまい時間を取れないというのも理由の一つですが、アフィリエイトもやっていないので特にインセンティブも無く、意欲が無い事が一番の理由かと思います。そんな中、今回はCoincheckNEM ハッキング事件やテザーショックにより相場が荒れ、USDT に代わる通貨の需要が高まっていそうなので、Dai について記事を書いてみることにしました。

テザーショック

f:id:seidoutakizawa3:20180204213734p:plain

google でテザーショックと検索すると沢山の記事が見つかります。以前からテザー社の発行する USDT には信用不安がありました。2年程前、 Poloniex では出来高の低い取り引きしか行われておらず、気軽に利用できるペッグ通貨では無かったのですが、いつの間にか、coinmarketcap でも時価総額ランキング20位以内に入る程の規模へと成長しました。USDT はその性質上、人に気軽に奨められるような通貨ではありません。なぜなら、テザー社が倒産したならば、USDT は無価値になる恐れがあるからです。完全にテザー社に依存した通貨であり、仮想通貨の中では特殊な立場にあります。チャートを見てもらえれば1ドル付近を推移しており安定感がありそうですが、 近年 USDT が準備金も無く空発行されていると疑惑があり、しばしば相場があれる原因になっています。

f:id:seidoutakizawa3:20180204214239p:plain

今まで相場が荒れると、USDT は他の仮想通貨とは反対に価値が微増していました。 通貨ペアによっては 1.08ドル位の価値になる時もありました。しかし、1/31に相場が荒れた時には他の通貨と同様下落する動きに変化していました。これは USDT を売ってフィアットに変える動きでは無いかと思われます。いよいよ USDT への不安が高まっているのではないかと感じます。

f:id:seidoutakizawa3:20180204215611j:plain

安定通貨 Dai

Dai は ERC20 準拠のイーサリアムトークンです。

f:id:seidoutakizawa3:20180204220733p:plain

まだ、時価総額の低い通貨です。

https://makerdao.com/

What is MKR? – Makerdao – Medium

https://makerdao.com/whitepaper/DaiDec17WP.pdf

詳細は上述の3つのリンクを見て頂きたいのですが、Dai は安定性を目指した(今の所)ドルペッグ通貨として機能する非中央集権的な USDT に代わる通貨と言えそうです。連日、相場の下落が続いていますが、Dai は今の所安定しており、安定通貨として機能できているようです。

価格の統治は Maker と呼ばれる DAO(decentralized autonomous organization) で行われるのが最大の特徴と言えるでしょう。

Maker になるには MKR トークンが必要です。MKR トークンはユーティリティトークンであり、ガバナンストークン(議決権の様なもの)です。

MKR トークンを CDP(Collateralized Debt Position, 資産担保証券の様なもの) DAI を発行する手数料として使用することができます。DAI の発行手数料として使える唯一のトークンが MKR トークンです。CDP を作ると Dai を発行できます。

Dai はテザー(USDT)の代わりになるか?

簡単に比較表を作成してみました。

権力 発行主体 取扱取引所の数 時価総額 ERC20準拠か? 安定性 実績
Dai 分散 DAO(MakerDao) 少ない 低い ×
USDT 集中 テザー社 多い 高い ○?

今の所、積極的に USDT の代わりに買いたくなるかというと疑問符がつきそうです。

まだ、Dai はイーサリアムのメインネットで公開されてから、1ヶ月程しか経っていません。まだまだ信頼性という意味では USDT に軍配が上がるのではと思います。チャートをみると、30%程急落する場面もあり、安定性に不安が残ります。

Dai をトレードできる取引所は幾つかあるのですが、肝心の取引所である oasisdex はまだアルファ版で気軽に利用することができません。これからの発展に期待でしょう。

まとめ

Dao と言えば、過去に The Dao という失敗がチラつくため、今の所、どうしても利用者に不安を感じさせるのでは無いかと思います。しかしながら、今後 DAI の有用性が認められ、取引所が Maker に関わってくれると Dai が安定通貨として成功するのでないでしょうか。

ウォレットを持とうよ

こんばんは久しぶりにブログを書いてみようと思います。久しぶりなので簡単な内容にしたいと思います。

私はイーサを自分でプライベートキーを管理できるウォレットで管理しています。理由はイーサを取引所に預ける行為はリスクが高いためです。

マウントゴックス事件の後、取引所へ資金を預けるリスクがクローズアップされ、古参の方々はプライベートキーを管理できるウォレットを使用しているものと思います。恐らく今後もマウントゴックス事件同様の事態が起こる可能性はあると思います。なので、いざという時のためプライベートキーを自分で管理することをお勧めします。

具体的にはイーサリアムの場合は、MetamaskMyEtherWallet 等を使うことになります。個人的には Metamask がオススメです。他にも色々ありますので自分にあったものを使うのがベストです。Metamask は使い方がシンプルなのですが、サイトと連携して色々できます。

ウォレットを自分管理するようになるといいことがあります。それはエアードロップです。時々自分のウォレットに謎のトークンが配布されることがあります。

f:id:seidoutakizawa3:20171216201450p:plain f:id:seidoutakizawa3:20171216201502p:plain

これらは買ったものではなく、勝手に送付されたものです。中には値段がついていますが、取引所で売買されています。全部で時価で数千円くらいにはなると思います。

また、ブロックチェーン型の通貨はハードフォークが実施される場合があり、これら分裂した通貨はウォレットを自前で管理していると自由にアクセスできるようになります。プライベートキーは分裂前も分裂後も同じなので分裂して2つになってもどちらにもアクセスできるわけです。

取引所に預けているとハードフォーク後の支持されない方の通貨にアクセスできない可能性があります。ウォレットを自分管理できればこのような問題を回避できます。

最近、どこどこの取引所はハードフォーク後の新しい通貨(マイナーな支持されない通貨)をサポートするぜ!みたいなツイートを見ますが、これは注意が必要です。日本の取引所ならともかく yobit のような海外の怪しい取引所に気軽に大切な資金を預けないでください。大変危険な行為です。最悪預けた資金の全部を失います。

無料で使える Ethereum ノード

もう今年も残るところ2ヶ月程となりましたね。

最近 Ethereum を利用したサービスやアプリケーションを開発したいと思いまして、Ethereum のノードを構築する必要性が出来てきました。同期に時間が掛かり過ぎるという報告を見たり、GCP などのクラウドを使うとお金もかかるし、自前でサーバ用のハードを用意するのも面倒だしなにか良い物は無いか探してみました。

最初検討をしていたのが、QuikNode です。

quiknode.io

これは有料のサービスになり、月額0.1ETH必要です。1年運用すると1ETH必要なので個人で手軽に利用するにはちょっと向かなそうです。

他に、個人で無料で使えそうなものは無いかさらに検索したところ、Ethereum 界隈(ブロックチェーン業界というべき?)では有名な ConsenSys 社さんが無料でノードを公開されていました。

infura.io

プロダクションネットワーク用が一つ、テストネットワーク用が4つ(各別ネットワーク)と、IPFS用のゲートウェイも公開されているようです。プロダクションネットワークとは、価値のある、取引所で売買される ETH を管理するネットワークと言えばいいでしょうか。IPFS用のゲートウェイもサポートしているのは、Dapps 構築ように使ってくれということでしょうね。

INFURA を使うためにアクセストークンが必須です。登録を行いアクセストークンを手に入れてください。

infura.io

QuikNode と違い制限はあるかもしれません。アカウントを新しく作ったり、送金手続きを行うくらいなら大丈夫だと思います。

参考:

Getting started with INFURA – INFURA Blog