ゆるい仮想通貨投資家

本ブログは仮想通貨関連の情報を中心に、トレード、技術、時事ネタ等を扱います。 1年前に、ビットコインのトレードを始め、今はシットコインやトークンと呼ばれるような一般的に知られていないものをトレードして楽しんでいます。

ウォレットを持とうよ

こんばんは久しぶりにブログを書いてみようと思います。久しぶりなので簡単な内容にしたいと思います。

私はイーサを自分でプライベートキーを管理できるウォレットで管理しています。理由はイーサを取引所に預ける行為はリスクが高いためです。

マウントゴックス事件の後、取引所へ資金を預けるリスクがクローズアップされ、古参の方々はプライベートキーを管理できるウォレットを使用しているものと思います。恐らく今後もマウントゴックス事件同様の事態が起こる可能性はあると思います。なので、いざという時のためプライベートキーを自分で管理することをお勧めします。

具体的にはイーサリアムの場合は、MetamaskMyEtherWallet 等を使うことになります。個人的には Metamask がオススメです。他にも色々ありますので自分にあったものを使うのがベストです。Metamask は使い方がシンプルなのですが、サイトと連携して色々できます。

ウォレットを自分管理するようになるといいことがあります。それはエアードロップです。時々自分のウォレットに謎のトークンが配布されることがあります。

f:id:seidoutakizawa3:20171216201450p:plain f:id:seidoutakizawa3:20171216201502p:plain

これらは買ったものではなく、勝手に送付されたものです。中には値段がついていますが、取引所で売買されています。全部で時価で数千円くらいにはなると思います。

また、ブロックチェーン型の通貨はハードフォークが実施される場合があり、これら分裂した通貨はウォレットを自前で管理していると自由にアクセスできるようになります。プライベートキーは分裂前も分裂後も同じなので分裂して2つになってもどちらにもアクセスできるわけです。

取引所に預けているとハードフォーク後の支持されない方の通貨にアクセスできない可能性があります。ウォレットを自分管理できればこのような問題を回避できます。

最近、どこどこの取引所はハードフォーク後の新しい通貨(マイナーな支持されない通貨)をサポートするぜ!みたいなツイートを見ますが、これは注意が必要です。日本の取引所ならともかく yobit のような海外の怪しい取引所に気軽に大切な資金を預けないでください。大変危険な行為です。最悪預けた資金の全部を失います。