ゆるい仮想通貨投資家

本ブログは仮想通貨関連の情報を中心に、トレード、技術、時事ネタ等を扱います。 1年前に、ビットコインのトレードを始め、今はシットコインやトークンと呼ばれるような一般的に知られていないものをトレードして楽しんでいます。

テザー(USDT)の代わりになるか?安定通貨 Dai

12月に記事を書いてから大分間が空いてしまいました。もっと色々記事を書いてみたいと思い、仕事の合間にネタを考えているのですが中々記事に出来ていません。とあるソーシャルゲームにハマってしまい時間を取れないというのも理由の一つですが、アフィリエイトもやっていないので特にインセンティブも無く、意欲が無い事が一番の理由かと思います。そんな中、今回はCoincheckNEM ハッキング事件やテザーショックにより相場が荒れ、USDT に代わる通貨の需要が高まっていそうなので、Dai について記事を書いてみることにしました。

テザーショック

f:id:seidoutakizawa3:20180204213734p:plain

google でテザーショックと検索すると沢山の記事が見つかります。以前からテザー社の発行する USDT には信用不安がありました。2年程前、 Poloniex では出来高の低い取り引きしか行われておらず、気軽に利用できるペッグ通貨では無かったのですが、いつの間にか、coinmarketcap でも時価総額ランキング20位以内に入る程の規模へと成長しました。USDT はその性質上、人に気軽に奨められるような通貨ではありません。なぜなら、テザー社が倒産したならば、USDT は無価値になる恐れがあるからです。完全にテザー社に依存した通貨であり、仮想通貨の中では特殊な立場にあります。チャートを見てもらえれば1ドル付近を推移しており安定感がありそうですが、 近年 USDT が準備金も無く空発行されていると疑惑があり、しばしば相場があれる原因になっています。

f:id:seidoutakizawa3:20180204214239p:plain

今まで相場が荒れると、USDT は他の仮想通貨とは反対に価値が微増していました。 通貨ペアによっては 1.08ドル位の価値になる時もありました。しかし、1/31に相場が荒れた時には他の通貨と同様下落する動きに変化していました。これは USDT を売ってフィアットに変える動きでは無いかと思われます。いよいよ USDT への不安が高まっているのではないかと感じます。

f:id:seidoutakizawa3:20180204215611j:plain

安定通貨 Dai

Dai は ERC20 準拠のイーサリアムトークンです。

f:id:seidoutakizawa3:20180204220733p:plain

まだ、時価総額の低い通貨です。

https://makerdao.com/

What is MKR? – Makerdao – Medium

https://makerdao.com/whitepaper/DaiDec17WP.pdf

詳細は上述の3つのリンクを見て頂きたいのですが、Dai は安定性を目指した(今の所)ドルペッグ通貨として機能する非中央集権的な USDT に代わる通貨と言えそうです。連日、相場の下落が続いていますが、Dai は今の所安定しており、安定通貨として機能できているようです。

価格の統治は Maker と呼ばれる DAO(decentralized autonomous organization) で行われるのが最大の特徴と言えるでしょう。

Maker になるには MKR トークンが必要です。MKR トークンはユーティリティトークンであり、ガバナンストークン(議決権の様なもの)です。

MKR トークンを CDP(Collateralized Debt Position, 資産担保証券の様なもの) DAI を発行する手数料として使用することができます。DAI の発行手数料として使える唯一のトークンが MKR トークンです。CDP を作ると Dai を発行できます。

Dai はテザー(USDT)の代わりになるか?

簡単に比較表を作成してみました。

権力 発行主体 取扱取引所の数 時価総額 ERC20準拠か? 安定性 実績
Dai 分散 DAO(MakerDao) 少ない 低い ×
USDT 集中 テザー社 多い 高い ○?

今の所、積極的に USDT の代わりに買いたくなるかというと疑問符がつきそうです。

まだ、Dai はイーサリアムのメインネットで公開されてから、1ヶ月程しか経っていません。まだまだ信頼性という意味では USDT に軍配が上がるのではと思います。チャートをみると、30%程急落する場面もあり、安定性に不安が残ります。

Dai をトレードできる取引所は幾つかあるのですが、肝心の取引所である oasisdex はまだアルファ版で気軽に利用することができません。これからの発展に期待でしょう。

まとめ

Dao と言えば、過去に The Dao という失敗がチラつくため、今の所、どうしても利用者に不安を感じさせるのでは無いかと思います。しかしながら、今後 DAI の有用性が認められ、取引所が Maker に関わってくれると Dai が安定通貨として成功するのでないでしょうか。